血糖値を下げる糖質制限の方法

MENU

血糖値を下げる糖質制限とは?

皆さんは血糖値を下げるために、今までどのような食事方法をしてきましたか?

 

実は多くの糖尿病患者の人たちはもっとも重要である血糖値を下げる食事についての知識が少ないといっても過言ではありません。

 

よくありがちなことですが、朝・昼・夕、お米を食べて、間食にパンを食べている方も多くいるかと思いますが、しかし、それが大きな落とし穴になっているのです!

 

お米もパンも同じ糖質という分類になりますし、ともに血糖値を急激に上げやすい食材です。

 

そのようなことを知らずに食べていたという方は、今から紹介する方法をぜひ覚えてください。

 

まず、お米やパンなど糖質に変わり易い食べ物は、余り食べすぎないようにしてください。

 

糖質を摂りすぎない様に気をつけることが大事です。

 

次に、過食や偏食を避けて規則正しい食事をする様にしましょう。

 

お菓子を食べてしまう、間食を摂ってしまう位なら、1日3食、バランスのいい食事をしっかりとった方が健康のためです。

 

栄養バランスが良くて、野菜中心の食事に切り替えたら、それを継続することで血糖値の上昇は必ず改善されます。

 

今まで血糖値が下がらなかった方、上記に挙げた内容を見て、当てはまっていることはありませんか?

 

特に糖尿病に悩んでいる方は、治療薬に依存するよりも食事方法を変えることも大切です。

 

厳しい糖質制限食を推奨する訳では有りませんが、糖質を制限することも大切です。

 

仕事上規則正しい食事ができない方もいるかと思いますが、そういった方にオススメなのが「主食をなくすこと」です。

 

例えば朝、出勤前はおかずのみ食べて出勤しましょう。

 

その分お昼は、定食をしっかり食べて、バランス良く栄養を補給しましょう。

 

そして肝心の夕食ですが、ここでも昼と同じ様感覚で、沢山食べてはいけません。おかずを中心にして、白米などの主食は少しだけにする癖をつけるのです。

 

この様に、主食であるお米に接する機会を減らすことが出来る様になれば、たったそれだけで、血糖値が劇的に変わってくるかも知れません。

 

血糖値を下げるということは体にもよいことです。

 

また女性にとっても、ダイエット効果にもつながります。

 

今まで間違っていた食事をとっていたからこそ、血糖値を下げることができなかったのです。

 

主食である、米や小麦に接する機会を減らしていって、糖質に頼った食事を見直しましょう。

 

 

こうした糖質制限に慣れてくると「なんだ、こんなに簡単なことだったのか。もっと早く実践していれば良かった」と、実感できると思います。

 

糖質を減らすことで、ストレスが溜まってしまっては逆効果になってしまうので、出来る範囲から、少しずつ主食を減らしてみてはどうでしょうか?

 

糖尿病予防は早め早めのケアが大切です。血糖値を下げるサプリメントなども利用して、早めの対策を。