糖尿病性網膜症

MENU

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症とは

 

 

 糖尿病による毛細血管損傷が原因の病気が糖尿病性網膜症です。

 

糖尿病になると、血液中のグルコースが網膜の毛細血管を傷つける事で、血管がもろくなり、出血や血栓ができやすくなってしまいます。

 

眼球周辺は微細な血管が集積しており、毛細血管に出血や血栓ができてしまうことで、血液の流れもまた悪化してしまうのです。

 

血液には各神経組織や細胞に酸素や栄養を運ぶはたらきをもっています。

 

血液の流れが悪くなった網膜は酸素欠乏状態に陥っており、飛蚊症や視力低下といった症状を引き起こします。

 

このとき、網膜では、出血も発生していますので、網膜剥離の原因にもなる場合も否定できません。

 

糖尿病性網膜症では、初期の段階で、ほかの糖尿病の症状と同様に、自覚症状はありません。

 

したがって、気づかないうちに、糖尿病が進行していると、黄斑部に異常をきたしてしまって、物が歪んで見えたり、ぼんやりと曇る様に見える様になります。

 

そして、この状態がさらに悪化してしまうと最終的には、失明に至るのです。

 

糖尿病性網膜症の治療は、早期発見早期治療が不可欠です。

 

糖尿病と診断された場合、糖尿病性網膜症も含めて、三大合併症の進行がないかどうか、しっかりと検査を受けたうえで、医師の指導と指示を仰ぐ様にしましょう。

 

糖尿病と診断された場合でも、早期から、適切な食事療法や運動療法、そして栄養補給などによって、高血糖を改善すれば症状は進行しません。

 

やはり、日ごろからの糖尿病予防が大切なのです。